♪TOP > バストアップの基礎知識 > 胸が小さいのは遺伝だから諦める?

胸が小さいのは遺伝が関係している?


胸が小さいのは遺伝?

女性の場合、胸が小さい悩みというのがあります。

友達と比較して自分の胸が小さいとがっかりしてしまいますよね。

そもそも、なんで貧乳なのか?

やはり、母親も貧乳だから遺伝しているのか?

いろいろと考えてしまうと思います。

そこで、ここでは・・・

胸と遺伝の関係

これをテーマに解説させていただきます。

胸が小さいと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。


実際のところ遺伝は関係あるのか?


母親の胸が小さいとどうしても遺伝を疑うと言う方は少なくないです。

では、実際、胸と遺伝って関係あるでしょうか?

結論としては・・・

遺伝というよりは生活習慣が関係している

このように考えるといいと思います。

胸と遺伝の関係は?
確かに母と子である以上、遺伝的な要素はあるでしょう。

ですが、母が貧乳でもその子供は胸が大きいということもあります。

また、逆に母は大きく、子供が貧乳の場合もあります。

他にも、妹は胸が大きいけど、姉は貧乳。

もちろん、その逆もありますよね。
なので、遺伝的な要素と言うよりは、他の部分が関係していると言う事になります。

それが、生活習慣です。

基本的には、高校生ぐらいまでは親と一緒に暮らすことが多いですよね。

すると食事は、自然と同じような物を食べることになりますので、母と同じような胸になっていくと考えらます。

また、姉妹で胸の大きさが違う場合は、例えば、姉が活発でスポーツ好き、妹はインドア派で家でゲームばかりしていたとしたらどうでしょうか?

やはり、適度に運動をしていた方がホルモンバランスも整うはずなのでバストアップする可能性もありますよね。

そのような意味でも普段から生活習慣が悪い人は、ホルモンバランスも悪くなりがちなので胸が小さいのかもしれません。

つまり、胸の大きさは遺伝だけで決まるようなものではなく、生活習慣などの他の要素も大きく関係していると言うことになります。


今からでもバストアップできる?


今からでも胸が大きくなる?

これまで、胸の大きさは遺伝だから諦めていたという方もいるでしょう。

ですが、母親が貧乳でも胸を大きくすることはできます。

今からでもバストアップをすることは可能なので、胸を大きくしたいなら、決して、諦めてはいけません。

正しい方法を行うことで比較的、早い段階で効果を実感することができるはずです。

でも具体的に何をどうやればいいのか?

胸を大きくするには・・・
・生活習慣の見直し

・リンパマッサージ
この2つを徹底的に行うことです。

例え、AAカップだったとしても・・・

正しい方法を行えば、B〜Cカップぐらいは大きくなります。

遺伝だからと諦めてしまえばそれまでです。

なので、胸を大きくしたいなら、意識して生活習慣を見直しましょう。

また、リンパマッサージを行う習慣をつけると次第に胸も大きくなっていきます。