本当に効果があるバストアップ法!TOP > バストアップの基礎知識 > 胸が小さい原因は?

なぜ胸が小さい?その原因は?

 
胸が小さい悩みがある女性は多いようです。

そもそも、なぜ大きくならないのか?

胸が小さい原因って一体何が考えらえるのでしょうか?

これには、いくつか問題があると言います。

具体的には・・・
遺伝によるもの

ホルモンバランスの乱れ

ストレス
これらが関係しているようですが、もう少し詳しく解説しましょう。


胸が小さいには遺伝が関係している?


胸が小さい原因は?

はじめに、胸の大きさは遺伝が影響しているとも言われていますね。

もちろん、母親からの遺伝は引き継がれるでしょう。

ですが、本当に遺伝によってバストの大きさって左右されるのか?

母親の胸が小さくても、娘の胸が大きいケースもあります。

その逆に、母親の胸が大きく、その娘の胸が小さいケースもあります。

なので、必ずしも、遺伝で胸の大きさが決まるわけではないってことです。

つまり、遺伝はするけど、胸の大きさは、後天性によるものなので、その後のケアが重要と思ってください。


ホルモンバランスが乱れると胸は大きくならない?


次に胸が小さい原因として考えられるのが、ホルモンバランスの乱れです。

これは生活習慣にも関係しています。

例えば、睡眠不足が続けば、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

他にも、偏った栄養ばかり摂取していたり、運動不足が続いていても、ホルモンバランスは乱れてしまいます。


ホルモンバラスってちょっとしたことでも乱れるので、胸を大きくしたいなら、生活習慣を見直す必要があります。

睡眠不足であるなら、しっかり寝る時間を確保することも大事ですし、食事は、栄養バラスが整った物を食べるべきです。

運動不足になっているなら、日頃からウォーキングでもいいので体を動かすことが大事です。

もちろん、これだけでは胸は大きくなりませんが、ホルモンバランスを整えることは、バストアップの準備段階と思ってください。


胸の小さいのはストレスのせい?


胸が小さい原因は、もしかしたらストレスが影響しているかもしれません。

ストレスって人間なら誰でもありますよね。

自分は大丈夫と思っていても、実際は、ちょっとしたことでストレスは受けているんですね。

主な原因としては・・・

仕事が忙しい・・・

人間関係が悪化・・・


などが挙げられます。

しかし、なぜストレスがあると胸が大きくならないのか?

それは、女性ホルモンバランスが乱れてしまうからです。

上記でも書きましたが、ホルモンバランスが乱れると胸は大きくならないんですね。

なので、対策としては、体を休ませる時間を作るようにしてください。

また、ストレスを受けていると思ったときは、深呼吸をすることで自律神経の乱れが改善されるので試してみるといいと思います。

胸が小さい原因って、その人によっても違いますので、自分で何がいけないのかをしっかりと見極め、改善できるところは見直すようにしましょう。